六塚光公式ブログ


by crax_alexey

カテゴリ:仕事( 95 )

スパイクボールの元ネタ

 スパイクボールの元ネタが本日やっと判明したので一応この場に記しておく。
 結論から言うと、どうやらアイルランドの伝統的スポーツ「ハーリング」らしい。

 そもそもスパイクボールのインスピレーションを得たのは、昔NHKBSで流れていた(と思う)世界の面白スポーツを紹介する番組だった。
 OP映像でいくつかのレアなスポーツが立て続けに流れ、そのうちの一つが問題のソレだった。しゃもじのような板でボールを運んでゴールに叩き込むという映像。ソレを見て、スパイクボールというスポーツをでっち上げたのである。

 あの映像のスポーツの名前は何というのか、知りたかったけれども、まるでわからなかった。番組内でやってくれなかったし(多分以前に放送したんだろうけど)。
 調べる手段も思いつかず、しかし必死になって調べるものでもなし――ということでしばらく忘れていたのだが、先日、「ヒーローの作り方」という本を読んでいて気になる文を見つけた。
 ケン・ブルーウンの項なのだが――

”アイルランドの国民的スポーツのハーリングは、ホッケーと人殺しを足して二で割った代物だ”

 ん? と思って検索してみたら、たしかにしゃもじのようなスティックを使う球技だった。これだよこれ!
 というわけで、長年の疑問は偶然によって氷解した。いやーすっきりした。次にスパイクボールについて言及する時があれば、是非とも「ホッケーと人殺しを足して二で割った代物だ」という言い回しを使ってみたいと思う。なんという適切な表現だ。
[PR]
by crax_alexey | 2011-03-08 00:09 | 仕事
「墜落世界のハイダイバー3」、スニーカー文庫から明日3月1日発売ですよ。

 それから、ザ・スニーカーで告知されていたのでここでも告知しますが、少年エース連載で、4月からアニメが放映される漫画「デッドマンワンダーランド」のノベライズを担当いたしました。
 年末だったか年初だったかにブログに書いた「毛色の変わった仕事」とはこれのことでして。
 既に漫画を読んでいる方ならば、ノベライズの書き手としてワタクシに白羽の矢が立ったこと、納得していただけるのではないかと思います。
 こちらは5月1日発売予定です。ちょっと先ですが、こちらもよろしくお願いします。
[PR]
by crax_alexey | 2011-02-28 18:56 | 仕事
 角川スニーカー文庫から3月1日発売です。
 早いところだと週末辺りに店頭に並ぶでしょうか。
 よろしくお願いします!
[PR]
by crax_alexey | 2011-02-25 17:53 | 仕事
 よく考えたら、新年の挨拶的なものを書き込んでないことに今更気がついた。
 あけましておめでとうございます! 今年もよろしく!

 今年の予定ですが……
「ブラッド・スパート」が出たのは以前の記事の通り。
 とりあえず現在3/1に「墜落世界のハイダイバー3」が出るのが確定しています。
 こちらもよろしく。発売日が近づいたら改めて告知します。

 その後も色々ありましてですね……
 1月末に東京に行って各社担当編集と打ち合わせした結果、どうやら今年前半に五冊書くことになりそうでして。
 仕事があるって素晴らしいなあ。仕事=収入であり、収入予定があると精神的に安定するぜ。
 現在その一冊目を書いております。ブラッド・スパートが通算二十八冊目、ハイダイバー3が二十九冊目なので、今書いている本が通算三十冊目になると思います。
 キャリア六年半で三十冊。まあ悪くありませんな。もっと本出してる人も何人もいますけどね。

 ともかく今年もよろしくお願いします。順調にいけば今年は七冊+α出せると思いますので。
[PR]
by crax_alexey | 2011-02-02 23:50 | 仕事
c0091343_21152495.jpg

 よろしくお願い致します。
 新書レーベルなのでお間違えのないよう。

 カバーは赤と金のニ色を基調としたものとなっております。
 サンフランシスコ49ersみたいな色だよ!
 ちなみにこの赤と金は、作中でキーワードとなる二つの色でしてね。
 別に僕の方からこうしてくれと依頼したわけでもないのですが、いやありがたいありがたい。
[PR]
by crax_alexey | 2011-01-31 21:15 | 仕事
 新作、「ブラッド・スパート」が1月31日に幻冬舎幻狼ファンタジアノベルスより発売されます。
 初の新書レーベルからの発売でございます。
 なにとぞよろしく。

 少々内容紹介もさせていただきます。


 舞台は、フィヴリア大陸の西の果てに浮く島嶼国家、イリステアの首都ドゥームスター。蒸気機関と電信といった科学技術、そして幻覚操と呼ばれる魔術技術が同居する世界。
 主人公の名はトロイ・エヴァレット、32才男。13年前に起きた内乱の際、政府軍のエースとして活躍した幻覚操者――でありながら、今はブライトロード生保という生命保険会社の雇われ保険調査員として働く男。
 ある日、トロイのもとに一件の調査依頼が舞い込む。とある男性が殺され、保険金が支払われることになっているが、その殺害状況はどうにも怪しく、その上支払い額が異常に高額だ。詐欺の可能性があるから調べて欲しい、というものだった。
 トロイは遺族に話を聞き、あるいは社会の各所に潜り込んだかつての戦友達のツテを頼り、ことの真相を調べていく。やがて徐々に現れだしたのは、奇妙な事実だった。ことの端々に、かつての内乱の影が影響を及ぼしているらしいのだ。壊滅したはずの反乱軍の生き残りが、この殺人事件をきっかけに、何か大きなことを仕掛けようとしているのではないか?
 13年前の内乱発生の地、カルディンガム――彼の地の忌まわしい記憶を引きずりながら、トロイは真相を求めてドゥームスターを闊歩する。


 といった内容でございます。
 よろしくお願いいたします。
[PR]
by crax_alexey | 2011-01-20 17:47 | 仕事
 新刊情報を二つ告知。

 まず来年一月末、幻冬舎の幻狼ファンタジアノベルスより、
「ブラッド・スパート」が出ます。
 読み切りではなくシリーズ物であります。
 短めの巻数でまとまる予定ですが。
 内容についてはおいおい。

 それから三月頭にスニーカー文庫より
「墜落世界のハイダイバー3」が出ます。
 シュマルカルデン同盟のエージェントとして働き始めた要の運命や如何に。
 幸い2巻も売れ行き好調とのことで。ありがたい話です。

 来年にはちょっと毛色の変わった仕事をするかもしれません。
 小説を書く事には変わりないんですが。
 こちらもいずれ発表できるかと思います。


 とうとう今年もおしまいですね。
 今年出せた本は4冊と、昨年の8冊から半減でした。
 もうちょっと頑張れたような気もするのですが……
 まあ、新シリーズを立ち上げるのに色々と時間がかかるのは仕方ないことなんですが。
 十分に時間をかけたからこそハイダイバーがそこそこ好調、と考えることにする。

 幸いこれからの展望は明るいです。個人的には。
 スニーカーと幻冬舎でシリーズが続きますし、一迅社でも多分なにかしらやるでしょう。
 去年末はレンズが終わってこれからどうなるのだろうという感じだっただけに、かなり気楽ではあります。
 あとは預金通帳の額がもっと増えてくれれば……
 出版冊数が半減したのに収入が半減しなかったのは不幸中の幸い。
 来年の税金やら保険料やら安くなってくれるかなあ。
[PR]
by crax_alexey | 2010-12-25 18:56 | 仕事
 12月20日発売予定です。
 早いところならば今週末くらいには店頭に並んでいるかもです。

 内容はタマラセのようなペンギンサマーのような田舎伝奇路線でございます。
 人間サイズの蝉とビームソードで戦う話だよ!
 なにとぞよろしく。


 あと、そろそろスニーカーでも一迅社でもないところで書いた新作が発表できるかも。
 出るところには出てるんですけど。
 近日このブログに書きますよ。
[PR]
by crax_alexey | 2010-12-15 21:47 | 仕事
c0091343_8363972.jpg

 本日発売です!
 よろしくお願い致します。
[PR]
by crax_alexey | 2010-12-01 08:37 | 仕事

ぞうさつ

 ハイダイバー増刷分の見本誌が届いたぞ!

 というわけでハイダイバーに増刷がかかりました。
 そのうち本屋に出回ると思います。
 まだ買っていない方はこの機会に是非!
[PR]
by crax_alexey | 2010-11-12 17:56 | 仕事