六塚光公式ブログ


by crax_alexey

<   2006年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

新刊案内

 10月1日にスニーカー文庫より「レンズと悪魔 Ⅰ 魔神覚醒」が発売されます。早いところではもう出てると思うけど。

 新しいシリーズを世に問うというのはなかなかドキドキするね。タマラセの続刊を出している時は、それまでの評判があるからどう評価されるかある程度安心できたのだが、新シリーズが受け入れられるのかどうかは、実際に市場に放り込んでみなければわからない。祈るしかない。まじめにこつこつやっていれば評価される、というわけではないところがこの仕事のつらいところではある。ハルヒみたいなビッグヒットをつかめるのなら悪魔に魂売るぜ?

「悪魔に魂を売る」という行為は、新シリーズの重要なテーマとなります。多分。まあ売り上げとか編集との打ち合わせとかその時の気分次第で変わる可能性は多分にあるけれど。とりあえず、シリーズを最後までやり通せるだけの売り上げが出ればいいね。はあ……

 あと、ヒロインが身体からちょっと見慣れないものを生やしているけれど、笑って許してちょうだいね。一月に八十冊以上も出るライトノベル群の中で目立つためには、色々なことを試みなければならんのだ。
[PR]
by crax_alexey | 2006-09-29 18:14 | 仕事

求むビッグヒット

 新刊の見本が届く。ゲラの段階でかなり手を入れたのでやや心配だったのだが、改めて読んでみたところとりあえず問題なく形になっていたので安心した。ゲラの段階で大改稿したらダメ! ゼッタイ!
 とにかくブツは完成した。今週末には本屋の店頭に並んでいることだろう。あとは売れることを祈るしかない。わしゃいつになったらビッグヒットをつかめるんじゃろうね?


 日本橋にてまたもや新しいメイド喫茶を発見した。一時期、雨後のタケノコのごとくメイド喫茶が増殖していた頃に比べればペースは落ちたが、でもいまでも着実に増えてるね。どこからメイドを確保しているのかいまだに謎だ。やっぱりこの世のどこかにメイドが生えてくるメイド畑があるのかね? 十津川とか。


 スケバン刑事Ⅲを鑑賞。面白すぎる。スケバン刑事であることを考えなければ非常にオモロイ特撮番組ですよ? この間は般若の中の人が高校教師として赴任してきたのだが、あまりにもあやしい教師なので笑った。Ⅱの西脇は教師としての顔とエージェントとしての顔のギャップがかっこよかったんだがね。荻原流行のニヤニヤ顔はどうしてこんなにあやしいのか。そして般若の面をつけて三度笠を被って川で釣りをしていたりもした。爆発的にあやしい。20年前とはいえこのような代物がゴールデンタイムに流れていたとは驚愕するね。
 あとⅠⅡⅢを通して結花ねえちゃんが一番かわいいと思うのだが、どうか。
[PR]
by crax_alexey | 2006-09-25 21:13 | 日常
 なんだか今日も不調だぜ。ちょいと体温が高いようだ。手元に体温計ないけど。ワタクシ平熱が35度0分なので、一般的平熱であるところの36度4分くらいになると調子おかしくなるのよねえ。あー頭痛え。仕事しなきゃならんというのに手につかない。困った。


 髭を生やし始めてそろそろ半月か。顎は順調に伸びているのだが、もみあげが全然アカン。特に左が。左舷モミアゲ薄いぞ、何やってんのと言いたくなるほど薄い。というか右と左で毛の濃さが違うってショッキングだなあ。「片方だけモミアゲ剃って、山ごもりでもするつもりなの?」と聞かれかねない。モミアゲ剃ってこもれる山なんてせいぜい天保山くらいのような気もするが。とにかく、目標であるところのアシモフに肩を並べるにはあと300年くらいかかりそうな気配だ。ワシにゃアシモフを超えるのは無理なんかのう?
[PR]
by crax_alexey | 2006-09-21 19:46 | 日常

きわめて不調な日

 気の迷いで保存してしまった画像
http://imihu.blog30.fc2.com/blog-entry-1869.html


 調子悪いぜ。風邪引いているとかいうわけではないのだが、なんだか不調でコンディションがよろしくない。まあ時折あるんだが、ただいま仕事が絶賛手詰まり中だけになんだか焦る。今は耐えるしかないのか。
[PR]
by crax_alexey | 2006-09-19 21:56 | 日常

蒼き流星となって

 1/48レイズナーのプラモが発売されていたのでついうっかり買ってきてついうっかり組み立てた。
 いやーようできてますわ。ちゃんとコックピットにエイジ君乗ってるし、キャノピーも開く。こんだけパイロット丸見えなら、そりゃゴステロさんもゲイル先輩を狙ってバズーカ撃つわな。組むたびに思うのだが、最近のプラモは本当に精巧に出来てますね。
 あまりに素晴らしいできなのでデジカメで撮ってアップロードしたいところであるのだが、今ちょっとデジカメとPCをつなぐUSBケーブルを見失っているので断念。探さな。


 ファミリー劇場でスケバン刑事3が始まったので鑑賞。週一で二話放送らしい。
 当時は鉄仮面伝説からあまりに様変わりしてしまったためあまり好きじゃなかったんだが、今見直してみるとヤバいくらいに面白いぞ。まず第一話の冒頭で西郷隆盛みたいな高校生が出てくるところからしてショッキングだ。第一話の最後でオヤジが爆発するのもショッキング。そして二話で般若の面を被った変な人が出てくるという超展開。なんじゃこりゃ。これは来るぜ……本当の意味でのスケバン刑事ブームが!
 忍者軍団の抗争になんで暗闇指令が出張ってくるんだ、とか細かいことを考えなければ猛烈に楽しめそうだ。「スケバン刑事」である必然性があまりないような気がするのだが、まあいいじゃないか。
[PR]
by crax_alexey | 2006-09-16 22:48 | 日常
 PS2「太鼓の達人 ドカッ! と大盛り七代目」
http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20060915/taiko.htm

 収録曲にさりげなくハレ晴レユカイが入ってる。ゲェーッ! この曲を太鼓で叩くことを提案した奴の気が知れん。でもやってみたら楽しいかも。アーケードにあったら間違いなくやってしまうな。
 あとはギターフリークスにGod knowsを収録すると面白いかもと思った。全国で魔女のコスプレをした謎の軍団が出没するぜ。


 ベルトに二つ目の穴を開けた。
 サイクルトレーナーを導入して早三ヶ月。体重はさほど減っていないものの、体積という意味ではあきらかに痩せつつある。ベルトはずり下がって仕方ないし、顔も以前よかこころもちシャープになりつつある。こころもちだが。脂肪が筋肉へと変化しているということなのだろう。我ながらよく三ヶ月もサイクルトレーナーをこぎ続けることができているものだ。はっきりとした結果が出ているせいなのだろうが。しかし学生時代の体重にはほど遠いので、まだまだこぎ続けるよ。
[PR]
by crax_alexey | 2006-09-15 21:29 | 日常

めざせアシモフ

 実は一週間ほど前から髭を伸ばし始めたのですよ。もみあげから顎までつながるかどうか一度試してみようと思い立って。目標はアシモフです。

 伸ばして初めて気づいたことなのだが、顔の左半分より右半分のほうが体毛が濃いということが判明した。右はもみあげとあごひげがつながりそうなのだが、左には明かな無毛ゾーンが存在する。もみあげを伸ばすことによって隠すことは可能かもしれないが、それにはかなり時間がかかりそうだな。

 そもそも、あごひげはいい感じで伸びているのだが、顎ともみあげを結ぶ部分はなかなか成長してくれないね。一体何をどうすればアシモフみたいなもみあげを得ることができるのだろうか。あとアシモフはあれだけすごいもみあげを持っていながらあごひげが全くないのも気になる。ひげを剃ってなかったらえらいことになっていたのだろうなあ。


 病院に行って再受診。薬を飲み続けた甲斐あって、血中脂肪値が半減していた。まだ標準をオーバーしているが、常識的な数値に抑えることができている。三倍はいくらなんでもないよなあ。毎日毎日納豆食ったり野菜サラダ食ったりした努力がみのったということだろうか。この調子で頑張ろう。
[PR]
by crax_alexey | 2006-09-11 18:42 | 日常

万物流転

 円町ボドゲの会に参加してきた。昼から晩までボドゲ三昧の後、二条のシネコンでX-MEN3を鑑賞。

 学生時代は二条駅近辺に住んでいたのだが、六年前のあの頃に比べると何もかもが変わってしまっているのでビックリしますね。文明的施設なんて何にもなかったのに。駅前と商業施設とに結構な数の若い奴らが集まっており、本当にここはかつてオレが住んでいたのと同じ場所なのだろうかといぶかったりもした。昔はこんなに人おらんかったやん。

 X-MEN3であるが、つまらないと言うつもりはないけれど、スーパーマンリターンズほどに面白かったとも言えないような気がするな。及第点は越えるけどそれ以上の点の積み重ねがあるのかどうか、という感じ。ネタバレになるので詳しいことは言わないけれど、ドラマが大味すぎやしませんかね。治療薬に対するX-MEN側の態度とか。あとサイクロップスのひどい扱いには全米が涙したに違いない。でもアクションシーンが良かったので十分に楽しむことはできた。見たい人は見るといいと思う。

 その後徹カラに行き、二人で四時間ほど歌った。自分で言い出して行ったのだが、最後の方は疲労困憊でやや苦行だったな。徹カラを苦行と感じるようになるとは老いたな。その後自宅に帰って体重を量ってみたら何故か減っていたので、結果オーライと言えなくもないが。
[PR]
by crax_alexey | 2006-09-10 18:00 | 日常

弁髪編集

http://www.ikki-para.com/new.html

 本屋の店頭でたまたま見かけたIKKIという雑誌に「サルでも描けるマンガ教室21」なる漫画が載っていた。サルまんがまた新装版で出るらしいのでその広告ついで、ということらしい。竹熊&相原の担当をしていた佐藤編集が今はライトノベルの編集をしているらしいぞ。ギ・ギャアアアーッ!!(柿崎風絶叫)ちょ、ちょっと君ィ! 弁髪を回転させて空を飛ぶ編集なんて嫌すぎる。仮にそんな人をつけられたら、俺はその出版社との仕事は丁寧に辞退させて頂く。

 このマンガは新装版サルまんにも載っており、そっちの方が完全版らしい。雑誌掲載のマンガではライトノベルに関する分析が省略されており、読みたければ新装版を買えと言うことらしい。読みてえなあ。買ってみるのもいいかもしれん。


 太閤立志伝V。長浜城城主になったはいいが、軍資金を稼ぐために毎日毎日信楽焼を買い占めては京で売りさばく毎日さ。俺の想像している戦国武将の姿とは大きな違和感があるぞ。これが一国一城の主の現実か。大変さのう。


 PCの右のスピーカーが完全にいかれたようだ。曲が不完全に聞こえたりして微妙にむかつく。左のスピーカーが問題なく元気だってのも微妙にむかつくな。買い換えなければならないのか。
[PR]
by crax_alexey | 2006-09-06 18:35 | 日常
 トップの画像を二階堂盛義にしてみた。ひょえー!

 太閤立志伝Vプレイ中。たーのしーい。自由度が高すぎてともすると何をすればいいのか分からなくなるが、コツさえつかめば止められなくなるという類のゲームですな。幸い最初から主人公として選べる人物、例えば木下藤吉郎などはイベントづくしのためさほど迷うことはないが。でもゲーム開始直後に信長に三行半叩きつけて出奔して浪人になることもできるので面白すぎる。さすがに初回プレイではそんな冒険的な真似はできないので普通に信長様の臣下として働いてますがね。姉川の戦いで勝ちました。そろそろ長浜城城主になりてえなあ。

 他の武将と仲良くなって技能を教えてもらう、というところはGPM的でもある。さらに仲良くなると主人公札をもらえるので(主人公札を持っておくと、次回プレイ時にその人物を主人公として選ぶことができる)武将のご機嫌取りは結構必須。「手合わせ願えまいか」と言われて応じ、刀を腰に差して出て行ったら、向こうが火縄銃持って出てきたということもよくありますがね。明智光秀、きっさまー! 鉄砲を乱射されるともれなく死ぬ。まるでソウルエッジの御剣エンディングのようだ。


 昨晩はあふと君が来たので泊めた。ちょうど「時をかける少女」を見てきたばかりであったらしく、二人して「真琴ちゃんかわいいよねー」とか言いつつ酒飲んで管まいて寝た。しかしよく考えてみれば奴と知り合って既に十年を超えるのだなあ。
[PR]
by crax_alexey | 2006-09-03 21:59 | 日常