六塚光公式ブログ


by crax_alexey

<   2006年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

もみあげの星

 もみあげを剃った!

 理由はこれ以上の発展が望めないからである。どうにも、伸びてくれん。おまけに左右非対称ときたもんだ。アシモフのモミアゲと肩を並べるのに300年はかかりそうな気配であり、すなわち絶望的な戦いなので、やめた。俺はアシモフには勝てんのか。生まれながらの星の違いという奴だな。

 あごひげはこのまま保持するものとする。「年齢相応に見える」と他者からも好評なので。しかし一般的には髭という奴は人を年上に見せるものだが、もとより実年齢+8歳という老け顔のワタクシが髭を生やすと年齢相応になるとはどういうことなのか。謎めいている。


 いつか読もうと長らく懸念としていた「シグルイ」を3巻まで買ってきて読んだ。おもしれー、というか頭おかしいですよ誰も彼も。さっさと続き買ってくるか。


 東京魔人学園のアニメのキャラデザがすごい、という話を聞いて公式サイトを見に行ってきたんですがね。

http://www.majin.tv/

 げ、げェーッ! 貴様ら一体何者だ! なんかもう、驚愕した。特に菩薩眼とか。まあそりゃ原作通りの見た目をそのままアニメに出すわけにもいかんし、だったらこんな風に萌える方がいいのかもしれんけど。でも東京魔人学園のなんたるかがアニメで再現されうるのか、はなはだ心許なくも感じますな。どうなるのだろう。八剣さん出てくるかなあ。
[PR]
by crax_alexey | 2006-10-31 18:11 | 日常
 日曜日。
 合宿後、oki先輩らと京都に戻ってカラオケで三時間ほど歌い、それからあんしぶるとは半ばメンバーがかぶっているものの微妙に別口の飲み会に出る。合コンという名目ではあったが、実質は仕事の愚痴の言い合いだった。まあこんなもんだろう。

 その後、狂兄貴先輩宅で一泊する。先輩が近く結婚するので、その前に遊んでおこうぜということで。
 とはいえ特に予定をたてていたわけでもなく、協議の結果膳所の美富士食堂に食いに行こうぜという話になり、ついていった。

 美富士食堂というのは、ネット検索をかけてもらえば分かると思うのだが、アホみたいな量の食事を安価で提供するとても素晴らしいメシ屋だ。ワタクシは焼きうどん(650円)を頼んだのだが、出てきたのは人の頭大はあろうかといううどんの玉だった。テーブルの鉄板を全て埋め尽くすかのごとき勢いの量であり、食いきるのにはかなりの努力を要した。絶対元が取れない量だと思うのだが、どうなっているのだろう。

 しかしうどんはまだ食いやすい方だった。カツカレーとカツ丼を頼んだ狂兄貴先輩とアナは真剣に食べるのに四苦八苦しており、俺はご飯ものを頼まなくて本当に良かったと思った。あれで普通盛りだからシャレにならん。あの店で大盛りを頼むことは死を意味する。

 その後比叡山を経由して京都に戻り、カラオケ屋で二時間を過ごす。食事を取ってからおおよそ三~四時間くらいでやっと満腹感が消えてきた、という始末であり今日は晩飯を食わなくても住みそうだ。なんと恐ろしい食堂なのだろうか。
[PR]
by crax_alexey | 2006-10-30 19:46 | 日常
 土曜日。
 あんしぶる通信室の合宿読書会に参加するため園部に向かう。調べてみたところ園部には駅からすぐの所に城跡があるらしく、せっかくなので早めに行って園部観光をしてみることとした。

c0091343_19441855.jpg 園部についた我々をまず待っていたのは、高くそびえる城だった。「ゲェーッ! あれが園部城だというのか!」と一瞬思ったがそんなはずはなく、その正体は国際交流会館なる代物だった。城跡のそばにこんなん建てるとは勘違いさせやがって。


c0091343_19444247.jpg 園部城本丸跡は現在園部高校として活用されているのだという。真の園部城跡にたどり着いた我々の目の前にあったのは、城跡と高校が悪魔合体した謎の施設だった。城の門をそのまま校門として活用しているので極めてカッコイイ。これの左手には櫓まで建っているから本格的だ。櫓という施設が高校にとってなんの役に立つのかはなはだ疑問ではあるが。我々は相談した結果「職員の宿直室でもあるのではなかろうか」という結論に達したが、真実は闇の中である。


 次に、すぐそばにあった園部文化博物館に入った。小さい博物館ではあったが、博物館大好きなワタクシとしては十分に満足した。中でも面白かったのは特設展で、古い電化製品をたくさん並べているコーナーが実に楽しかった。4~50年前の電化製品の広告を見るとビックリしますね。たかが扇風機に「宇宙時代のジェットスタイル扇風機」などという惹句をつけているし。日本の電化製品はまことに素晴らしいなあ。

c0091343_19451051.jpg 園部城周囲を離れ、生身天満宮なる神社に向かう。この名前が地図で見ただけで妙なインパクトがあったので。実際はイキミと読むらしいのだが。
 なんでもここは日本最古の天満宮で、菅原道真が生きている間にできたのだとか。生きているうちに祀られるだなんて、どんだけ京にたたってたんだ菅原道真。千年前のこととはいえ恐ろしい話じゃのう。


 その後スプリングひよしという温泉施設に行ってから宿に入り、読書会へとなだれ込む。が、お題であるところのニュートンズ・ウェイクはどうにもつまらん作品であったため、全員での文句と言い合いとなった。概してこういうおもんない作品の方が読書会としては盛り上がるのだが。

 そのあとは晩飯食って酒盛りして就寝。後編に続く。
[PR]
by crax_alexey | 2006-10-30 19:45 | 日常

死せる生産者

 カート・コバーンが1位に浮上 米国の著名故人収入番付
http://www.sankei.co.jp/news/061026/bun001.htm

 おのれアメリカ人めオモシロ統計を出してきおって!
 死んでなお年収50億円って一体どこの世界の話だ。


 九龍が面白すぎるので、本日がファントムブラッド発売日であることを忘れてた。ゲェーッ! あとDSの逆転裁判2も発売されたらしいので明日まとめて買いに行かなきゃな。


 11月からファミリー劇場でVガンダムが始まるらしいぞ。うわあい。見なきゃ。ザンスカール帝国の平賀源内ことドゥカー・イクの栄光と挫折の軌跡は涙なしには見られないってもんだ。バイク乗りは空を飛ばんのだー!
 しかしボンボン版Vガンダムの上巻を探し続けておるのだがいつになったら見つかるんかのう?

 参考ページ:
http://csx.jp/~lipcre/comic/vg/vg.htm


 現状の執筆状況はなかなか順調だ。ペルソナ3風にいうと「走り出したペンは止まらない!」というやつだな。ま、ペンなんて使ってませんがね。
[PR]
by crax_alexey | 2006-10-26 20:00 | 日常

折れない鶴

 久しぶりに折り鶴を折ろうと試みたところ、完全に折り方を忘れていてビックリした。ネットで折り方を探して、ヘロヘロの鶴がやっと折れたという始末。これは我ながらダメすぎるぞ。


 東京の行き帰りでLAコンフィデンシャル読了。ビッグ・ノーウェアに引き続き面白かった。ダドリーさんが悪すぎる。半世紀前のアメリカの警察官ってこんな無茶苦茶できたのか。「あの荒くれ連中にどうやって証言を翻させたんですか?」と問われて、テーブルに静かに角の欠けたナックルを置くシーンはかっこよかったけどな。

 しかし話の筋が極めて錯綜しており人の理解力を試す作品であることよ。すごい勢いで出てきてすごい勢いで殺されていく連中があまりにも多すぎるんだろう。同じく筋が錯綜している作品というとフロスト警部なんかを思い出すが、アレはフロスト警部からサブキャラに至るまで全員が変な存在感を持ってるからな。まあ、人がゴミみたいに死んでいくのがエルロイの面白いところではあるのだろうが。せっかくビッグ・ノーウェアで生き残ったバズ・ミークスが話の冒頭で殺される所なんか泣けてくるぜ。

 とにかくあとはホワイト・ジャズだな。ダドリーとエクスリーの対決はどんなオチを迎えるのやら。早急に読むぜ。


 ぼちぼち秋の鑑賞アニメが定まってきた。

 その1、KANON。裕一君がキョンにしか見えないので驚愕した。しかし五人のヒロインのシナリオを同時並行して進めていくのは、フロスト警部並のモザイク組みになりそうだな。

 その2、スパロボOG。あんまり人に勧められるものでもなさそうだが、ボクちゃんOG結構好きだしい。あと噂によるとアイビスが出てくるらしいので不可避的に見ざるを得ない。

 その3、GAⅡ。前とはノリ違うけどまあいいんじゃね?

 その4、武装練金。ハラワタをブチ撒けろと言いつつ敵を脳天から真っ二つにする斗貴子さんはステキすぎる。

 その他に関しては世間の噂を見極めつつ適当に押さえていきたい。コードギアスが面白いという噂も聞くが、関西じゃKANONと時間がかぶるからな。ケーブルでやるらしいからそっちで見よう。
[PR]
by crax_alexey | 2006-10-21 19:46 | 日常
 かねてよりの懸念であった九龍妖魔学園紀を開始した。もちろんリチャージの方。

 高校を舞台の伝奇ジュブナイルと銘打った作品であるが、何よりも素晴らしいのは「こんな高校生いるわけねー!」と突っ込まずにはおれない高校生しか出てこないという点である。このノリは東京魔人学園と全く変わっていないので安心した。魔人学園の時は「犬を食う高校生」「戦争神経症の高校生」「不老不死で150歳の高校生」などといった連中があたかもその辺にいるかのような調子で出てきてドギモを抜かれたものだが、今度はそれらに匹敵するような奴はいるカシラ。ドキドキするぜ。何をどうすればこんなトンチキなキャラを量産できるのか教えて欲しいくらいだぜ。

 3Dダンジョン探索も楽しくてやめられんね。とりあえずファントムブラッド発売まではこればっかりやりこむこととなろう。
[PR]
by crax_alexey | 2006-10-20 11:12 | 日常
「時をかける少女」シッチェス国際映画祭で最優秀アニメーション賞を受賞
http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0610/17/news047.html
http://www.cinemasitges.com/uk/index.php?a=palmares#animat

 めでたい話だ。
 しかしあの映画の登場人物がみんなスペイン語でまくし立てるのかと思うと、想像するだけで違和感大爆発であることよ。自転車で踏切に突撃するシーンなんかえらいことになるんじゃ……
 ケーブルテレビでグラナダのシャーロック・ホームズ字幕版が放映されているのでちょくちょく見ているのだが、ホームズのしゃべり方が異常にハイテンションでビックリしますね。NHKの吹き替え版に慣れているだけに。でもその方がエキセントリック感が出ていいのかも。


 あとレンズと悪魔が増刷されるそうです。こちらもめでたい話。いいぞいいぞ。
[PR]
by crax_alexey | 2006-10-17 20:32 | 日常

大いなる無

 懐かしの『スケバン刑事』ヨーヨー、公式グッズとして初の商品化
http://journal.mycom.co.jp/news/2006/10/12/320.html

 写真が来たぜ……! 買わな!


 はじめて靖国神社に行ってきた。さすがにでかいし立派ですな。とりあえず賽銭を投げてきた。時間がなかったので残念ながら遊就館には行けなんだ。まあいずれ機会もあろう。
 しかし東京の町並という奴は無駄に道が錯綜していて困る。どこもかしこも八門遁甲がはりめぐらされているかのようだ。靖国に向かっているはずが法政大学にたどり着いてみたり。大阪の住人からすると、環状線の内側に大学があるという事実ほど不思議なものはない。

 行き帰りでエルロイの「ビッグ・ノーウェア」を読み終わった。面白かった。はじめこそえらい勢いで登場人物が出てくるので把握しきれなんだが、メインキャストが3人ってことが分かればあとはとんとん拍子だった。ブラックダリアを読んだ時はあまりピンと来なかったんだが、これならLAコンフィデンシャルに心おきなく進めるよ。他にも未読本山盛りだからザクザク切り崩さなくちゃな。

 で、近いうちにまた東京に行くことになった。頑張るぞう。
[PR]
by crax_alexey | 2006-10-13 22:21 | 日常

昨日の敵は今日の敵の敵

 どうやらドラゴンズが優勝したようだ。あーあー。まあでも良しとしよう。タイガースはよく頑張ったよ。七月八月の鬱憤を九月で晴らしたのでストレスは比較的軽めというか。それよりタイガースを転かしておいてドラゴンズをアシストするジャイアンツが許せんとわかった。アホかボケェ。そういう意味ではベイスターズの三浦も許せん。今年はそこそこ打ち崩せていたような気もするが。とにかく、ジャイアンツを叩いたチームがセを制覇する、という落合監督の言葉が証明されてしまったようですな。
 来年からはセリーグもプレーオフをやるわけだが、どうなるのかねえ。こうなったらもう12球団1リーグ3地区制にしてもいいんじゃないかとも思えてきた。


 明日から東京に行ってきます。一泊二日。
[PR]
by crax_alexey | 2006-10-10 22:53 | 日常

スポーツ悪魔合体

 囲碁ボール
http://www.igoball.jp/

 要はゲートボールとカーリングと五目並べを足して三で割った競技の模様。国体でエキシビジョンでとり行われるそうな。すごい悪魔合体だとしか言いようがない。


 毎日サイクルトレーナーで汗を流しているわけであるが、最近どうも右半身と左半身で汗の流れる量が違うことに気がついた。右半身より左半身の方が汗が流れる量が少ない。伸ばしている髭も左の顎の方が薄いし、どうも俺は左半身の方が生命力が劣っているらしいぞ。ヤな感じだ。俺の身体はあしゅら男爵目指して進化しているのか?


「新刊の売り上げがいいからちょっと靖国の裏までツラ貸せや」という召還命令を受けたので、来週にも東京に行く予定。いいぞいいぞ。
[PR]
by crax_alexey | 2006-10-07 21:11 | 日常