六塚光公式ブログ


by crax_alexey

<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

一天二帝な話

 6月1日発売予定の新刊の諸作業終了。なんで毎回あとがきを書くのにえらい悩んでしまうのか。書くネタを思いつけなくて、毎回毎回本屋に行ってはすごい勢いでライトノベルの後書きばかり立ち読みするという行為を繰り返している。もう少しスムーズに書きたいもんだ。


 春の新番アニメを一通りチェックし、継続視聴すべき作品をおおむね固めた。今季は結構豊作なのか、見るべきものがかなり多い。これまで継続視聴しているものと合わせると、アニメと特撮だけで一週間25~30本くらい見なければならないのではなかろうか。まあ中にはケーブルテレビでやってるビスマルクとかマシンロボとかアクマイザー3も含まれてますがね。我ながらテレビ見倒してるな。毎日テレビ見ながら仕事してなんの差し支えもないだなんて、夢みたいな職業であることよ。イヤまあ現在のオタク業界の動向を知るのも仕事の一環ですからね? 多分。
 春の新番で唯一残念なのは、エル・カザドを大阪で流してくれないということだ。梶浦由起BGMが超大好きで、ソレ目当てにnoirDVDを全部集めたこの俺になんというむごい仕打ちをしてくれるのか。


「日本の歴史9 南北朝の動乱」(中公文庫)読了。
 ちょっと最近自分の中で南北朝ブームでしてね。この時代を俯瞰的に眺められる手ごろな本はないものか、と探していたらこの本に突き当たった。
 内容には非常に満足できた。この時代が時代劇のテーマとして滅多に扱われない理由がよくわかった。単なる北朝と南朝の対立という図式では割り切れないものが多すぎる。それに動乱の期間が七十年と長いから、創作をするにも視点人物を選ぶのが難しいのだろうと思われる。おまけに楠木正成とか北畠顕家とかいったタレントと言うべき人物が死ぬのが南北朝始まる前だし。グダグダしてるぜ。
 いずれ時間があったら南朝ゆかりの史跡とか回ってみたいね。なかなか手強そうだが。ためしに楠木一族の根拠地であるところの千早赤阪村ってどういけばいいのカシラ、と思って調べてみたら、そもそも電車が通っていないらしくて愕然とした。さすが大阪唯一の村はひと味違う……
[PR]
by crax_alexey | 2007-04-27 00:56 | 日常
 昼間に結構揺れた。実害は皆無だったが。電子レンジ上のデュエルとバスターのプラモがこけているんだが、こりゃ前からだよな。
 それにしても関西はほとんど揺れねえなあ。大阪に住み着いて以降に体感した地震は多分三度目だ。鳥取の震度6、和歌山の震度5、そして今回。田舎にいた頃は年30~50回くらいは体感地震があったような気がするのだが。今住んでいるマンションの免震構造が優れているというのもあるんだろうが、それにしても揺れないね。

 逆転裁判4をクリアした。
 結論としては十分面白かった。のだが完成度としてはシリーズの以前の作品と比して落ちていると感じる。トリックの不備は以前のシリーズにも色々あったので(あとから不備を色々と洗い出すのも楽しみの一つではある)おくとして、検事がいい奴なのはまずいでしょ。あのビジュアルからいけすかねー奴じゃないのかと思っていたのだが、蓋を開けてみたら意外とナイスガイ。でも逆転裁判の検事たる者、ミツルギやメイのように、弁護士と敵対する存在でなくては困る。キャラもやや薄いしなあ。その結果として裁判での二転三転感が薄れている。そこが残念。
 一方でどうでもいいサブキャラに異常にキャラが濃い奴がいるので困る。特にハミガキさんのキモさは異常。3の本土坊とか目じゃねえぜ。
 なんか否定的な感想ばっかり書いているような気がするが、十分楽しめたのは間違いない。ついうっかり買って三日でクリアしてしまったし。仕事しなきゃ……
[PR]
by crax_alexey | 2007-04-15 21:25 | 日常
 日本初の覆面知事誕生は阻止されたらしい。地元から十年以上離れている身とはいえ、さすがに覆面知事はいかがなものかと思うね。


 ヒキコモリ生活の利点をフルに活用して、春の新番アニメをできるだけチェックするようにしているのだが、まあアホみたいに多いな。来週から始まるのもあるし大変だ。一般的に言えば母集団が多ければ面白い作品も増えるはずだが、下支えしうるだけの地力ってあるんじゃろか? 俺の心配する事じゃないけど。
 とにかく、ゲームにはまった者の義務として、アイドルマスターは見るよ。ゲームとアニメの関係ってクロノスの大逆襲とぶっちぎりバトルハッカーズの関係みたいなもんじゃろ? まあこれはこれで楽しみだ。しかしなんで千早がミサトさんそっくりになってしまうのか。


「ドラベース-ドラえもん超野球外伝-」というマンガに手を出しまして。
 指定された三つのひみつ道具を試合中に任意のタイミングで一回ずつだけ使って良い、というルールで22世紀世界の野球はプレイされる、という話。この設定を考えついた奴は天才だと主張したい。まあ実際に読んでみたら、ひみつ道具よりも魔球や秘打法のほうがすげえじゃねえかという世界観だったのだが、ともかく熱血野球マンガとして非常に具合がよろしいんじゃないでしょうか。さっさと続き読むべ。てんとう虫コミック買ったのって十何年ぶりかなあ。
[PR]
by crax_alexey | 2007-04-08 22:35 | 日常
 夙川公園に行ってきた。
 平日だというのに異常な人出で驚いた。出店は並んでるしお祭り状態である。そりゃJRも駅作るわなと納得した。
 あと南北に細長い夙川公園の形状も異常。阪急苦楽園駅から阪神香櫨園駅までずーっと桜並木を見ながら歩き倒した。美しい桜でございました。


 薔薇架刑買いました。ALIPROJECTのアルバム。初回版の方を買ったのだが、ケースを全開してみたら十字架になった。ゲーッ! 斬新だ!
 あとブロークンエンジェル買いました。オルタードカーボンの続編。今度はミリタリーよりの冒険小説っぽい。古代火星人の遺産の巨大宇宙船を求めてタケシ・コヴァッチが大暴れするらしいよ。あとアスペクトは既に第三長編の版権を獲得済みとのこと。やる気だ。
 今月は他にも逆転裁判4とP3フェスとP3アレンジサントラと買わねばならんので大変だ。特に逆転裁判4までに世界樹の迷宮をクリアできるだろうか。途中でスパロボWを挟んだのでまだ終わってないのよね。あとルミネスにかまけてみたりとか。


 銭湯で体重を量ったら85.1キロと出た。いいぞいいぞ。標準体重人間の仲間入りだ。体重の数値が身長下二桁の数値を下回ったのはかなり久しぶりな気がするぜ。5キロ減らすのに10ヶ月もかかってしまったが、それは逆に言えばリバウンドしにくいということさ。多分。この調子で80キロ前後まで削りたいね。
[PR]
by crax_alexey | 2007-04-05 20:26 | 仕事

耳毛の生えた御曹司の話

 その後気になってウィキペディアで釣りキチ三平を調べてみたところ、ちょっと衝撃的な事実に突き当たった。サブキャラの魚紳さん、本名鮎川魚紳氏は、実は鮎川財閥の御曹司なのだそうな。な、なんだってー!? あんなものごっつい耳毛を生やした御曹司がおるかー! と思ったが、よく読むと魚紳さんは家とは縁を切って一人で生きているのだとか。なんとまあ。あの耳毛、実は自らの生まれに対する反抗心のあかしなのだとしたら……?
 個人的には、トリビアに投稿したら採用されるんじゃないのかと思えるくらいの衝撃である。驚いた。釣りキチ三平、なかなかに奥が深い。


 土曜日は京都にて読書会。お題は「時間衝突」(バリントン・J・ベイリー、創元SF文庫)。再読してもやっぱり面白かった。
 タイトル通り、「時間と時間が衝突する話」である。一言で言うと。こういう風に、話の要点を一言で言い表せるというのは強いよね。作品として。自分の作品もそうありたいとは思うのだが。

 その後カラオケして人の家でボードゲームして徹夜、早朝にJRで京都から大阪に帰る。7~8時の時間帯は、平日休日問わず席に座れない可能性が高いので危険。今日は酔った。やはりこの年になると徹夜はこたえるということか。ヤな話。
[PR]
by crax_alexey | 2007-04-01 18:43 | 日常