六塚光公式ブログ


by crax_alexey

<   2007年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 避暑を終えて現在東京某所に潜伏中。

 避暑というか、実家はただひたすらに寒かった。初めのうちは日中30度越えもあったのだが、徐々に天気が崩れて、本日の予想最高気温なんて22度という始末。夜は厚手のシーツを被らねば風邪を引いて死ぬ、という具合。本当に同じ国なのだろうかね。ここじゃ30度を超えると猛暑らしいぜ。なんたるぬるま湯。
 あと、実家から観戦する世界陸上は極めて快適だった、という点も付言しておきたい。

 父親が庭に自力で建築中の新宅が、そろそろ住めるようになってきていた。父親は自力で家を建てるという数年来の夢が叶って満足、母親は新しい家に住めるので満足、俺も避暑にちょうどいい別荘が勝手にできてしまったようで満足。みんなが幸せになるいい話だ。

 意外なことに、地上デジタル放送がなんの問題もなく映るという事実に驚いた。アナログ電波は相変わらずどうしようもないというのに。まあ何かが違うのだろう。
 あと、アニメが恐ろしいほど放送されていないのには驚愕させられる。実家に来るたびに感じることではあるが。実家は岩手と宮城両方のアナログ電波が受信できるのだが、それを全部ひっくるめ、かつ多めに見積もっても、放送されているアニメの数って両手の指でちょっと足りないくらいなんじゃないんだろうか。アニメの多作濫造が懸念されている国とは思えねー。なんなんだこのアニメ砂漠は。これじゃ、少なくともオタクは田舎には留まらんぞ。そりゃニコ動とかはやるよねーと思った。ま、実家じゃネット接続もできないんですがね。
 将来的に、仙台にテレ東系の局が新設されるという噂をどこかで聞いたような気がするので、いずれ状況はやや改善されると思われるのだが。うちって岩手県だけどなぜかデジタル電波は宮城のしか来てないのよね。東北の東側のデジタル電波の範囲は旧藩の境界に準じるらしい。
[PR]
by crax_alexey | 2007-08-31 21:17 | 日常
 世間一般の小中高生はまだ夏休みなんだねえ。

 この日本のどこかには夏休みが八月三十一日まであるという約束の土地があるらしい……というか夏休みが八月二十日までしかない我らの土地の方がレアであるらしい、と知ったのはいつのことであったかなあ。今もって信じられん。なんでカツオが八月三十一日などという妙な時期に宿題をやっているのか、理解できなかったものだ。
 ま、代わりに冬休みが一月二十日まであったんですがね。どっちが幸せなのか……


 やっとコードギアススペシャルを見た。
 結構満足。アメリカンドラマ的な、いいところで話切って次シリーズへ、というやり方が個人的には嫌いではないので。続きは来年春以降らしいが、ビッグオーで三年待ったことを思えば目じゃねえぜと思った。しかし続きどうなるんだろう……


 しかし暑い。電光掲示板に34℃と出ているのを見て「道理で今日はちょっと涼しいわけだ」と思ってしまうような生活はもうイヤだ! おうち帰る!
 本当に近日中に帰省したい。このままでは灰になってしまう。もう少ししたら近所で世界陸上が開催されるらしいので、ちょっと興味はあるのだが。でも入場料に見合った効用が得られるのかどうかわからんのが難点。どうなのだろう。
[PR]
by crax_alexey | 2007-08-22 00:47 | 日常
 テレビドラマ「風魔の小次郎」 公式サイト
http://www.fuuma-kojirou.com/index.html

 な……なんだってー!?


 暑くて死にそう。
 このままでは死んでしまうので、今抱えている仕事にケリをつけたらちょっと田舎に帰りたい。避暑だ避暑。うわさによるとうちの田舎は最低気温が20度を下回るらしいぜ? 夢の土地だ。

 実際、祖母がちょっと危ないと聞いて以来帰れてないので、行っておくべきだろう。ついでに東京寄って打ち合わせでもできればなお良し。その辺は相談か。

 しかし新幹線に片道六時間も乗らなければならないというのは考えるだけで鬱になるぜ。でも飛行機も使いにくいしなあ。
[PR]
by crax_alexey | 2007-08-18 23:19 | 日常
 昨日、人に誘われて京都観光に行ってきた。

 地下鉄蹴上駅からスタートしてまずは南禅寺から見物。
 寺そのものより、明治時代に作られた水道橋の方が印象的だった。国内で年季の入ったアーチ状構造物が見られるというのは珍しい。しかも寺の境内でなんて。なんだか平城京跡地を突っ切る近鉄電車を思い出したりもした。昔の人はおおらかであることよなあ。

 南禅寺から哲学の道を徒歩で北上する。予想されていたことではあったが、この夏一番の暑さの中を歩き倒すのはかなりの苦行だった。ま、いつぞの一ノ谷登りに比べたら楽勝でしたがね。あの時は一日でペットボトルを五本飲み潰したが、今回は一本で済んだ。

 哲学の道を北上しきり、銀閣寺へたどりつく。以前に、ここに来ようとして結局これなかったことがあったので、リベンジである。あの時は地下鉄丸太町駅→御所南端→御所北端→御所南端→蹴上→哲学の道と全部徒歩で歩き倒したため、哲学の道を歩ききったあたりで体力が尽きてしまったのである。ヘボい。

 単純に金閣寺と銀閣寺を比べたらそりゃあ銀閣寺の方がヘボいわけであるが、庭園も含めた銀閣寺という領域はまあ見事なものだった。足利義政が現実逃避のために作った場所だというのに。将軍様は現実逃避もスケールがでかいぜとか思った。

 最後にバスで南下して清水寺へ。何回行っても清水の舞台は恐すぎる。最近、舞台から飛び降りた者の生還率は八割とかいう研究が発表されたような気がするが、それはウソだろとツッコミたくなるくらいに恐い。舞台の真下には地蔵が並んでいるしなあ。落ちてきた人間の身体を粉砕するためのトラップとしか思えない。人々が願掛けと称して次から次へと飛び降りるので、抑止力として地蔵を導入したのだろうか。

 人と一緒に史跡を見て回るのは楽しいなあ。とはいえ真夏の京都を歩くのは自殺行為に近いとも言い切れる。まあ盆でないと揃わないメンツだったので、仕方ないことではあるが。
[PR]
by crax_alexey | 2007-08-16 14:13 | 日常
Minesweeper The Movie
http://www.collegehumor.com/video:1770138

 誰か日本語字幕をつけてくれないものか……


 日記キーワードに「琵琶湖花火大会」がランクインしててちょっと面白い。ローカルイベントでも入るのね。
 たしかに人出は多かったようだ。実際に行ったわけではないのだが、昨晩先輩に召喚されて京都駅まで行ってきたのだ。まあ電車のアホみたいに混んでいたこと。遅延も発生していた。いやはや。
 先輩とは京都駅南側の沖縄料理屋で食ったり呑んだり話したり。ごちそうさまでした。


「暗号解読」(サイモン・シン、新潮文庫)読了。
 古代のシーザー暗号から現代の公開鍵暗号、果ては量子コンピューターによる量子暗号まで、暗号の歴史を概略する科学書である。
 おもしろかった。二千年以上に渡る暗号作成者と暗号解読者の戦いの歴史には興奮を覚えずにはいられない。暗号の成立過程から破られるまで、その経緯を描く筆者の腕が優れているので、まるでパズルか推理小説でも見ているような感じだ。これ読んだら多分自前でエニグマ機作れるって。
 感動したので、同じ著者の「フェルマーの最終定理」も読まねばならんと思った。お勧め。
[PR]
by crax_alexey | 2007-08-09 22:19 | 日常
 大阪歴史博物館で開催中のペルシャ文明展を見てきた。

 牛や山羊、獅子などの動物を模した水差し土器類がなかなかファンシーな見た目をしており非常にかわいらしい。ペルシャの文明に対するイメージを一新させるような展示物だった。ま、もとよりペルシャの古代文明に対するイメージなんて楔形文字くらいしかないけど。

 楔形文字が刻まれた石碑も見た。このわけのわからん記号群を読み書きできる人々がかつて存在したのだ、と考えるとなにやら不思議な気分である。

 しかし、時代が下るに連れてファンシーさがなりをひそめ、ローマ文明の侵略の影響で髭のオッサンのレリーフなど写実的な物が増えていくのは、なんだかがっかりした。これが、文明が滅ぶということか。


 その後、ついでに博物館南側の難波宮跡地に行ってみた。奈良の平城京跡を思わせるような広漠とした土地だった。そして明らかに平城京より整備されていない。雑草生え放題なのはいかがなもんかね。

 さらにその後、オーサカキング真っ最中の大坂城を歩いた。こちらは綺麗に整備されているので安心できた。というか難波宮跡地みたいな金にならん場所にはコストかけてる余裕がないということか。まあ正しい選択ではあるな。


 さらにその後難波に向かい、なんばパークスを見て回る。ヴィレッジバンガードが巨大化していてびっくりした。二次オープンの前はしょぼい店しか無かったような気がするのだが。あと地下の旭屋書店とは別に、パークス五階に小綺麗な旭屋書店が存在したのも驚いた。いつの間に。

 全然知らなんだ。毎日難波には食料を買うついでに行っているというのに。俺の難波日本橋めぐりがルーチンワーク化してしまっているということか。たしかに最近ジュンク堂とソフマップととらのあな以外の店に行った記憶がないな。反省すべきか。


 地下の旭屋書店には、オーム社のマンガでわかるシリーズのコーナーが特設されていた。市民権を得つつあるのだろうか。
[PR]
by crax_alexey | 2007-08-02 22:06 | 日常