六塚光公式ブログ


by crax_alexey

<   2007年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 荷物の梱包は八割方まとまった。あとは食器類やら布団やら。

 一人暮らしの狭い部屋でも、堆積層の中から予期せぬものが発掘されるのでビックリだぜ。長いこと着てなかった服とか。中でも一番驚いたのは、シスタープリンセス2初回特典のストラップマスコット12個揃いが久しぶりに出てきたことか。イヤハヤ。改めて見てみると結構出来がいいから二度ビックリ。ちょっと前まで中国といったら「安価で高品質なフィギュアを作る優れた工場」というイメージであったのになあ、とか思った。既にして隔世の感がある。

 引っ越しに伴う諸手続も実行中。ネット回線が光からADSLに格下げされるのは覚悟していたが、CATVも見られなくなるのは痛いなあ。海外の優れたドキュメンタリーとか昔のアニメとか、非常に有益であっただけに。最近はまんが日本史がお気に入りなんだぜ?
 向こうで落ち着いたらなんらかの方策を考えよう。手はあるはずだ。

 12月15日あたりにネット世界から一時お別れすることになるだろう。復旧時期は今のところ謎。できるだけ早く戻ってきたいが、どうなるやら。
[PR]
by crax_alexey | 2007-11-30 23:04 | 日常

俺の前に立つなという話

 引っ越しの準備をちまちまとしている。

 それにしても本という奴は何故にまとまるとこんなにも重くなるのか。一個の段ボールに本1:衣類1の割合で詰め込むといい、などと言われるのだが、それを実行するとどうも本が大幅にあまりそうな気配。やむなく小さな段ボールを多めに買い込んでみっちりと本を詰め込む、という方針で行ってみたところ、本棚を一つ崩した時点で段ボール箱が15個できた。うおお。二山にして積んでも自分の身長並みに高くなるからビックリだぜ。地震が来なきゃいいんだが。

 さらにもう一個本棚を片づけなきゃならんのかと思うと気が重いぜ。他にもDVDやらなんやらあるしなあ。幸い近所にコーナンがあるので、財力が許す限り無限に段ボール供給が可能なのはありがたいが。まあちまちまやるべ。時間的余裕は存分にある。


 そしてこんな時についうっかり地球防衛軍3を買ってみたりもした。

 ゲーム自体は前作とさして変わりなく安定しているのだが、画像が異常にきれいなのでビックリした。これが次世代機の実力というやつか。あとその他隊員がわらわらとしゃべったり一緒に戦ってくれるのが楽しい。ま、たいてい俺の撃ったロケランの爆風に巻き込まれて死んでしまいますがね。巻き込まれるような場所に立っている向こうが悪いよね。あとこっちがマシンガン連射している時に目の前を横切ろうとするのも悪い。

 しかし本来はDSで出た高円寺女子サッカーを買うつもりであったのだが。近所のソフマップに行ったらドラクエ4山盛りで、何故か置いていねえ。前作は迷いに迷ったあげくスルーしたので、今度は押さえておきたいものだが。さて。
[PR]
by crax_alexey | 2007-11-26 18:10 | 日常
 本当にどうでもいい話ですが……

1:宇宙大将軍という称号には元ネタあり。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BE%AF%E6%99%AF

 実在したんです。中国に。さっすが中華四千年はひと味違うぜ。
 三国志もいいけど五胡十六国~南北朝時代も面白いよ! 理解するのが果てしなく難しいけど。

2:税騎士という称号は単なるダジャレ。税騎士スーパーフォークってな。

3:ナイスフォークとnice boat.はまったく関係ないことを強調しておきたい。
 原稿完成してから出版されるまでの間に、よもやそんな単語があんな方向から出てくるなんて誰に想像できようか。ビックリだぜ。今後使いにくいわあ。さすがにあっちのインパクトには勝てねえし。
[PR]
by crax_alexey | 2007-11-09 21:01
 本日でデビュー三周年となる。

 ホッホーイ。我ながらよくやったと言い切れる。ちゃんと作家収入だけで生きてるしな。
 デビュー後三年を生き残った者はプラス三年生き残れる、という説に従えば、少なくとも今後三年は今の生活が安泰だということだ。しかし問題はその先だよなあ。今の仕事は楽しいから長く続けていきたいものだが。というかいまさら勤め人に戻れるとは思えねえ。もうC++コーディングなんて忘れましたよ?

 まあとにかく仕事しなくちゃな。でも記念に祝杯でも上げようカシラ。


 先週にFFTA2とブレイドストームをまとめて買ってきたのだが、先に手をつけたFFTA2が楽しすぎるのでいまだにブレイドストームの封すら切っていねえ。ワシもフランス傭兵の指揮官となってジャンヌ・ダルクの尻を追いかけ回したいというのに、さしあたりイヴァリースでの冒険が忙しくて手が回らない。

 FFTA2は前作のシステムが正統進化しているのでなんの問題もなく遊べる。たーのしーい。
 シナリオはガラリと変わってごくまっとうな少年の冒険物語であるが、まあこれはこれで。というか今から思い返してみると、前作のシナリオはどんだけ情け無用なんだと思える。「現実世界のいじめっ子が異世界ではゾンビになってました」とか「現実世界に戻るには友達を倒さなければならない」とか。「現実逃避はアカン」というのが大テーマだったしな。

 とにかくやることが多いので、しばらく傭兵隊長にはなれそうもない。まあいいけどさ。


 あとザスニの小特集、よくみたら八柱揃ってるわ。暗くて気づかなんだ。
[PR]
by crax_alexey | 2007-11-01 21:13 | 日常