六塚光公式ブログ


by crax_alexey

<   2007年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 このブログで宇宙ベッドについて説明したかどうか定かでないので、一応書いておこうか。

c0091343_23194618.jpg
 正式名称はスペースベッドだが、俺はこれを宇宙ベッドと言い習わしている。普段は天井に張り付いているのだが、ボタンを押すとウィ~ンと音を立てながら下へと下りてくる。狭い一人暮らしの部屋を有効に使用するための強い味方というわけだ。こいつのおかげで、俺はこの八年間というもの実り豊かな人生を送ることができたと言っても過言ではないね。引っ越しに伴い、こいつと別れなければならないのは心の底から残念だと言い切れる。八年間こいつと一緒に寝てたんだぜ?

 現在次の次の長編に取りかかっている。次の長編はもう校正を済ませて送り返しているので、出るのはそう遠くないよ。
[PR]
by crax_alexey | 2007-12-12 23:24 | 日常
 早々に梱包作業を終えた結果として、案外暇になってきた。

 引っ越し寸前でバタバタするよりははるかにマシだと言い切れるが、こうも退屈感に包まれるとは意外極まりない。箱○もPS2も梱包してしまったので、いまは頼れるのはDSだけである。ただし挿してあるのは数独なので、81のマスにひたすら数字を埋めていく毎日だ。うっかりFFTA2を梱包してしまったのは大ミスだったなあ。

 まあ暇なのは今週のみ、土曜が入居日でかつ母が来る予定なので、そこからはかなりバタバタするはずだが。今は八年間過ごした部屋にて最後の時を静かに過ごすべきなのか。広い部屋に越せるのはうれしいが、宇宙ベッドを置いていかなければならないのは心の底から残念だと言い切れる。

 18日に引っ越しする。多分クリスマス前には落ち着くことだろう。友人諸氏を迎えてお披露目でもしたいところである。なにしろクリスマスを一緒に過ごす相手なんていませんのでね! 来年の課題かなあ。若くてかわいらしい娘さんが「先生の作品のファンです! 抱いて下さい!」とか言いつつ天から降ってくる、とかいう都合のいい話はないものだろうか。
[PR]
by crax_alexey | 2007-12-11 21:54 | 日常
 自作のマリオっぽいステージのゲームを先輩方にやらせてみた
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1445008
 その2
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1564456
 その3
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1653850

 腹を抱えて笑わざるを得ない。ひどい孔明の罠もあったものだよ。


 このミス2008購入。
 今年も全然小説読んでない事よなあと思いつつ海外ベスト20を眺めてみたら、うち4冊を読んでいた。意外と多いな。とはいえベスト10に絞ると読了済みは1冊だけなので、片っ端から読まなきゃな。まあ、未読の本が多い方が嬉しいんだが。とりあえず、そろそろリンカーン・ライムシリーズに手をつけなきゃと思った。

 しかし驚いたのは我が社の隠し球の方。来年スティーブン・ハンターの新作が出るらしい。主人公はなんとボブ・リー・スワガー、しかも今度は日本に来るらしいぜ! な、なんだってー!?

The 47th Samurai: A Bob Lee Swagger Novel
http://www.amazon.co.jp/47th-Samurai-Bob-Swagger-Novel/dp/0743238095

 いろんな意味で気にせざるを得ない。なんにせよ早く出てくれないかなあ。
[PR]
by crax_alexey | 2007-12-05 20:25 | 日常
 おおむね荷物の梱包が終了した。残るは日用品の類のみである。しかし引っ越しまであと二週間あるので少々早まった感がないでもない。左右を段ボールの壁に囲まれてあと二週間過ごさなあかんのか。圧迫感溢れまくりだぜ。

 段ボールの数は全部で約70個となりそうだ。一人暮らしとして多いのか少ないのか。本を収めるために小さな段ボールを使ったから多い方かな。しかしこれだけ積み重ねているせいか、ミキミキと段ボールが潰れるような音が聞こえるような気がするのだが、気のせいだよね。

 あと、自宅内に傘が八本もあることが判明した。折りたたみの二本はともかく、なんでビニール傘が六本もあるのか謎すぎる。


 電脳コイルを最終回まで見終わった。ヤサコとイサコの物語として丸まってよかったよかった。メガマスやらコイル派やらそっち方面が放置されているのがやや残念ではあるが、そっちをやり出したら子供向けとは言えなくなるからなあ。自治体が半官半民とか、えらいことになりそうで非常に興味深いのだが。

 終盤で怒濤のような設定説明が繰り返されて飲み込むのに苦労したわけだが、まあ頭から見直せば理解できるんじゃね? というわけで再放送も見ることとしたい。というか教育テレビのアニメって、なんで終わった瞬間からすぐに再放送をするのかねえ。
[PR]
by crax_alexey | 2007-12-04 22:01 | 日常
 土日は金沢まで読書会に行ってきた。

 お題は「墨攻」。映画は見てません。
 諸子百家の一、墨家の教団の一員である革離という男が、攻められようとしている城に入って軍事顧問として大活躍する話。春秋戦国時代の戦術あの手この手が描かれていてその辺は面白いのだが、いかんせん薄い。もっと話ふくらませられるんじゃねえの、と思ったら後に出た漫画版はかなり話をふくらませているらしい。さもありなん。

 あと春秋戦国時代は中国史の中でも結構創作に恵まれてる時代だよなあとも思った。個人的に今、五胡十六国と南北朝時代がマイブームなんですがね。その時代の創作なんて見た事ねえ。北斗の拳みたいな時代で英雄やら暴君やらが百出する面白い時代なんだがなあ。まあ、たしかに国が多すぎてわけがわからんけど。


 翌日は東尋坊まで足を伸ばした。

 この日はえらい雨模様の天気だった。東尋坊に着いた時には小雨になっていたので出歩けたのだが、日本海は荒れまくりだった。東尋坊独特の切り立った岸壁に白い波濤が砕けまくりであり、これが冬の荒波日本海かー! と思った。風もすごいし、同じ海でも南港の海とは大違いだ。シャレにならん。さすが西日本の自殺の名所と言われるだけある。感動した。

 東尋坊のマスコットキャラとして小坊主が採用されているのはいかがなものかと思った。たしか悪名高い悪僧東尋坊が崖から海に叩き落とされたことが地名の由来じゃろ? 広島駅の清盛くん並に違和感を感じるぜ。


 サンダーバードで帰還。福井から乗ってすぐに目を閉じ、次に目を開けたら何故か西大津まで到達していた。キングクリムゾンの仕業か!
[PR]
by crax_alexey | 2007-12-03 18:55 | 読書