六塚光公式ブログ


by crax_alexey
c0091343_21214220.jpg

 本日発売です。
 どうぞよろしく。
[PR]
# by crax_alexey | 2009-12-19 21:22 | 仕事
「愚者が出てくる、城塞が見える」(J・P・マンシェット、光文社古典新訳文庫)読了。
 金持ちの甥っ子の世話役として採用され、精神病院から出てきたジュリー。ところが彼女を待っていたのはいきなりの誘拐事件だった。甥っ子と一緒にさらわれたジュリーはなんとか誘拐団の手から脱出したが、誘拐団も黙ってはいない。かくして残虐行為てんこ盛りの逃亡アンド追跡劇が始まった、という話。

 えーと、この本がセリ・ノワールというレーベルから出たことでノワールというジャンル名が確定したという理解でいいんですよね。いやー、クソ面白かった。正しくノワール。夕叢霧香なみに真のノワール。ノワールと銘打った作品を読んで「これをノワールにカテゴライズしていいんじゃろか」と迷うことが結構多いのだが、これはノワール中のノワールと言い切れる。カラマーゾフとかいった文学作品を出しているというイメージが強い光文社古典新訳文庫が、なんでこんな残虐行為博覧会的な作品を出したのか不思議に思える。

 ノワールの定義ってなんだろうなあ、と常々迷うところがあったのだが、これを読んでとりあえず一定の見識を見出したような気がするね。

 ジュリーの残虐行為は「そこまでする必要はないだろう」と思えるが、同時に「でもついうっかりここまでやっちゃうよねー」とも思える。必然性はないが、蓋然性はあって、そこのところに共感してしまう。不思議なことに。この感覚はなんじゃろか、と考えてみると、ジュリーの行動はあくまでも自己防衛本能に基づいたものであるということが肝要ではないのだろうか、という気がしてきた。よく考えれば「ポップ1280」の主人公も、自己の立場を守るのに汲々としていた奴ではなかったか。「ダーティーホワイトボーイズ」のラマーも、自分のケツ穴を守るために人殺しをして、結果脱獄珍道中を始めたのではなかったか。

 と思索を進めてみると、「自己防衛本能の発露」というキーワードはノワールというジャンルにとって結構重要な部分を占めているのではないかと思えてくる。なんらかの外敵原因によって根源的、動物的本能を呼び起こされた人間が、獣性を発揮する。文明社会の中にあっても人の心の内には獣性が潜んでおり、それは特定の人間にだけではなくすべての人間が持ち合わせている暗黒の部分である。その暗黒を白日のもとにさらけ出すのがノワール小説なのではないだろうか。

 最終的な定義とは言わないが、一つの意見を得られたような気がするね。ほんと、ノワールって俺にとって謎なジャンルなのよ。わけがわからないのにやたらとクソ面白い、っていうね。うまいこと自分の著作に活かしてみたいものだ。
[PR]
# by crax_alexey | 2009-12-14 18:26 | 読書

安土城46号

c0091343_1825364.jpg

 襖はり開始。
[PR]
# by crax_alexey | 2009-12-14 18:25 | 日常

安土城45号

c0091343_16423682.jpg

 敷居と柱をはめ込むだけの簡単な仕事。
[PR]
# by crax_alexey | 2009-12-07 16:42 | 日常

トナカイの受難の話

 クリスマスソングが巷に流れる季節になりました。
「赤鼻のトナカイ」など定番ですが、あれはよく考えてみると凄惨ないじめソングですね。鼻が赤いというだけでみんなから笑いものにされ、トナカイはいつも泣いていたって言うんですから。サンタのおじさんがいなかったらどんな悲惨な人生になっていたことやら。野生の掟は厳しいぜ。

 というわけでちょっとした心温まる小話を思いついたので書いてみる。


【鼻をなくしたトナカイの物語】

 そのトナカイは真っ赤な鼻をしていて、いつも森のみんなから笑いものにされていました。
 いじめられていつも泣いていたトナカイはしかし、ある日サンタのおじさんに出会いました。
 サンタのおじさんはトナカイに満面の笑みを浮かべると、こう声をかけたのでした。

「暗い夜道は ぴかぴかの
 おまえの鼻が 役に立つのさ!」

 そして、サンタのおじさんはよく研がれた手斧を取り出しました。


 その後、森のみんなは誰ひとりとして鼻をなくしたトナカイを笑えなくなりましたとさ。

 完
[PR]
# by crax_alexey | 2009-12-07 12:52 | 日常

QBの背中を守る人の話

「ブラインド・サイド」(マイケル・ルイス、ランダムハウス講談社)読了。

 極貧ながら天性の運動神経と恵まれた体格を持つ黒人少年マイケル・オアが、白人夫婦に拾われて成長し、NFL一巡目で指名されるほどのプレイヤーに大成するというノンフィクション。
 おもしろかった。環境に恵まれない少年が家族愛によって救われる、という話はありがちといえばありがちだが、実話ってのがびっくりだ。アメリカの格差社会って底が抜けてるな。
 そしてこの主人公が順当に今年一巡指名を受け、たった今レイヴンズで活躍しているのも驚きだ。原書が出たの2006年なんですけどね。

 マイケルはオフェンス側のレフトタックルをポジションとするのだが、このレフトタックルというポジションがいかに重要であるかという点についてもかなりの紙幅が裂かれている。NFLにおける戦術トレンドの変化がレフトタックルの価値を高騰させた、という歴史の流れはおおいに納得できた。プレイヤーの年俸平均を比べてみると、レフトタックルのほうがライトタックルより平均値がはるかに高いんですって。へー。
 アメフトについてこれだけテクニカルな文章読むのは初めてだが、クソ面白かった。アメフト技術論、歴史論はもっと読みたいね。和書に存在するのかどうか怪しいが。
[PR]
# by crax_alexey | 2009-12-02 19:21 | 読書

灰とリヴァイアサン2

 一迅社文庫より灰とリヴァイアサンの続編が出ますよ。
 12月19日発売と公式には書かれてますね。年末だからカシラ。
 お楽しみに!

 これで今年は八冊出せました。がんばった。
[PR]
# by crax_alexey | 2009-11-20 10:10 | 仕事

新企画作業中

 ちまちまと練っていた構想が日の目を見そうでござる。
 この調子でいけば、来年お目にかけられそうな具合。
 お楽しみに……
[PR]
# by crax_alexey | 2009-11-14 22:50 | 仕事

5歳の誕生日を迎える話

 2004年11月1日にデビュー作を刊行したので、とうとう作家生活五周年となりました。
 これもワタクシの本を買ってくれる読者の皆様方のおかげです。ありがとう! ありがとう!
 ラノベ作家として5年を生き抜いたことは自賛して良いと思う。よね。

 そもそも、勤めていた会社を転職のあてなく辞めて、ハローワーク通いを始めようとした矢先に「あなたの作品が最終選考に残りました」という連絡が来て、「これは『作家になれ』という神の思し召しに違いない」と思って飛び込んだ仕事である。生き残れなんだら人生終わる、という覚悟を常々持ち続けることができたのがこの結果だと言い切れる。

 これからも5年10年とこの稼業で食っていきたいものである。いまさら社会人になんて戻れないしぃ。どっかで一山当てられたら最高なんですがね!
[PR]
# by crax_alexey | 2009-10-31 19:42 | 仕事

レンズと悪魔XII魔神解放

 11月1日発売です。
 完結編です! よろしくね!

 見本誌が届いたので取り出してみたところごくまっとうな厚さ。タマラセ最終巻とはえらい違いだ。
 これをラノベ作家としての技量がレベルアップしたととるべきなのか……?
 結局シリーズで一番厚かったのは1巻ということになったな。なんで1巻はあんなに厚いのか我ながら不思議。
[PR]
# by crax_alexey | 2009-10-22 15:56 | 仕事