六塚光公式ブログ


by crax_alexey

なんでもかんでも信長の名を冠すればいいのか、という話

 昨日、安土方面を歩いてきた。

 まずはじめに向かったのは安土城跡。本能寺の変後の焼失以降昭和になるまで放置されていたらしく、石垣以外になんにもない山ではあったが、しかし石垣だけでも、かつてあった安土城の壮麗さを想像させるには十分だった。

c0091343_720348.jpg 山のてっぺん、天主跡は意外に狭かったもものの、眺望はなかなかに良い。(この写真は正確には少し下ったところから撮ったものだが)天主は六層あったそうだから、天主から眺めたらさぞかしもっと美しい光景を見ることができただろう。

 おのれうらやましいぜ信長。琵琶湖大好きッ子たるワタクシとしては羨望せざるを得ない。そんな場所に住んでみたいもんだぜ。俺も来年から天下統一始めようか?



c0091343_721076.jpg

c0091343_7213088.jpg

 山歩きでいい時間になったので、そばの文芸の郷レストランにて昼食。信長ハンバーグ定食という名は何回見てもインパクト大だぜ。信長ハンバーグ定食はカボチャが並んでいるのが気に入らないので俺は今回も戦国焼き定食を食べましたがね。僕ちゃんカボチャがあまり好きじゃないの。

 その後信長の館の中の復元天主を見て、安土考古学博物館を巡る。どっちも一年くらい前に行った場所ではあるのだが、特に後者は再び来る価値があった。安土城跡を見てきてからこっちに来ると、展示内容により一層理解が深まる。城跡と博物館はセットで来ないとダメだね。以前来た時は博物館しか見なかったのだが、どうやらもったいない真似をしたらしい。もったいない。


 できれば観音寺城にも行きたかったのだが、時間がないの断念。近江八幡の八幡堀を見て焼きたてバームクーヘンを食って、あがりゃんせで風呂に浸かって、最後に天一本店でラーメン食らって解散。まことに愉快な旅でございました。
[PR]
by crax_alexey | 2006-11-09 07:22 | 日常