人気ブログランキング |

岸和田は意外と近かったという話

 土日はSF大会に行ってきましたよ。なにしろ岸和田まで電車一本だし。

 一日目は本屋パネル→サイバーパンクの部屋、二日目はSFアニメの45年→宇宙作家A・C・クラーク→ライトノベル大喜利。一日目の三コマ目は人と立ち話にふけっておりました。

 本屋パネルは昨今の編集、流通事情、ネットの影響など広範囲な話題について語られた。とらのあなのバイヤーは優秀らしいぞ。とらのあなでは拙作の扱いが悪いような気がしてならないのだが、優秀なバイヤーにそう判断されているってことカシラ。忸怩たるものがある。

サイバーパンクの部屋は、もうすぐ復刊されるディファレンス・エンジンの話。製造されたディファレンスエンジン二号機の映像を見て感動した。

http://jp.youtube.com/watch?v=0anIyVGeWOI

 正確には見せられたのはこの動画ではないのだが、ディファレンスエンジンがどういう形状のものか分かると思う。かっこよすぎる。

 SFアニメの45年は、アニメの絵コンテやらタイムテーブルやらを使用してのテクニカルな話。これはこれで面白かったのだが、時間の都合上「45年」の部分が華麗にすっ飛ばされたのが不満といえば不満。

 クラークの部屋は、日本のSF作家や科学ジャーナリストがクラーク作品について語っていた。クラークはオカルトについてどう考えていたのか、という話題が印象的。たしかに、ハードSFの祖たるクラークがユリ・ゲラーを信じてしまうというのは不思議な話であるな。

 最後のコマはすごい科学とレッドドワーフの企画が重なっていたのだが、職業的義務感にかられてライトノベルの部屋へ。「ネット書評家は憎いですか?」などとビーンボールな質問を投げつけてみたりもした。ビーンボールすぎたな。反省。
by crax_alexey | 2008-08-25 15:31 | 日常