人気ブログランキング |

アラファト議長にも若い頃はあったんだという話

 未読の文庫本をとりあえず集めて本棚の一スペースに集めてみたら、二十三冊になった。ゲェーッ。溜まりすぎておる。探せばもう少し出てきそうだしなあ。もっと読書の時間を取らんと。チェスタトンの「知りすぎた男」も買わねばならん。別人が訳しているらしいので一安心。


「火星の長城」
「銀河極北」(アレステア・レナルズ、早川文庫SF)読了。
 レベレーション・スペースシリーズの短編集。「量子真空」の主人公というべきクラバインさんはこっちが初出だったのね。
 個人的に一番面白かったのは「ダイヤモンドの犬」。どっかの星の文明が遺したオベリスクを攻略する話。オベリスク内部の各部屋には幾何学パズルがあり、正解のボタンを押すと次の階への扉が開く。ゴールにはなんかの宝があるらしいが、パズルの答えを間違えるととんでもない罰ゲームを味わう羽目になる、という話。罰ゲームがひどすぎるので笑うしかない上に、別ゲームへの対策もひどく、結果としてオチもひどすぎる。いやー、行きすぎたサイバネティクスは恐ろしいですね。

「ディファレンス・エンジン」(ギブスン&スターリング、早川文庫SF)読了。
 待望の復刊。
 読んでみたところ、最初から最後まで冒険物語続きだったのでちょっと驚いた。もう少しエンジンに関するテクニカルな説明とかがあるもんだと思っていたが。しかしマッドヴィクトリアンファンタージーはいいもんだ。

「標的は11人」(ジョージ・ジョナス、新潮文庫)読了。
 ミュンヘン五輪のゲリラ事件で国民11名を失ったイスラエルが、パレスチナ対して行った報復作戦の実録、らしい。テーマがテーマだけに、どこまでが事実なのかは読者に委ねられるところではあるが。
 生まれる前の話、かつ遠い地だけに実感としてはわきにくいが、やはり中東は恐ろしすぎる。あのへんが平和になるなんてことがあり得るのだろうか? イスラエルとパレスチナが手を取り合うなんて、それこそ最後の審判の日まで来ないような気がするが。しかし最近あまりニュース聞かないけど、どうなっているのだろう。
 この本は写真もたくさん載っているのだが、その中に若き日のアラファト議長の姿もあってちょっと面白かった。帽子にサングラスに普通のシャツとかいう格好をしてたこともあったのね。
by crax_alexey | 2008-09-28 22:52 | 読書