六塚光公式ブログ


by crax_alexey

<   2006年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 映画の日ということで「時をかける少女」と「スーパーマンリターンズ」を見に行こうという話になり、前の晩から泊まり込みで京都に行ってきた。

 前の晩にはまず原田知世版時をかける少女を鑑賞。原田知世がキラークイーンとキングクリムゾンに同時に攻撃を受ける話。なのか? 82年作品だけあってファッションとか隔世の感があるよなあと思ったりした。特に女教師のホットパンツ、あれはありえないと思った。きっとホットパンツ先生とかいう二つ名で呼ばれているに違いない。

 翌日、四条烏丸に時をかける少女を見に行く。90人入りのシアターはみっしりと人が詰まっていた。噂通りだ。
 そして噂通り非常に面白かった。タイムリープに関する説明も非常にわかりやすいが、なにより青春映画として非常によくできているのでビックリですね。真琴ちゃんは驚くほどのバカでかわいいなあ。衝撃のアルベルト並みに回転するし。しかし功介と後輩の女の子をくっつけるために、二人を同時にジャイアントスイングに巻き込むよう企てるという発想力はすごすぎる。あれは常人には思いつかんぜ。ジャイアントスイングから始まる恋もあるよねー!
 こいつは見ておくべき作品だと思うよ。近所の映画館で上映していればの話だけど。現在全国で十館ほどでしかやってないのねえ。

 昼飯食った後、河原町に行ってスーパーマンリターンズを鑑賞。こっちも非常に面白かった。超絶能力を持つ主人公が人間的な悩みに苦しめられる、というアメコミ的テーマを非常にわかりやすく押し出しており、王道的に面白い。スーパーマンが五年ぶりに地球に帰ってきてみたら、恋人のロイスは他人と結婚して子供まで作っておりましたとさ。君が望む永遠よりなお悪い状況だな。
 そしてスーパーマンが超絶強いので愉快すぎる。あれはもう超強いとしか言いようがない。あとはクリプトナイトに弱い、という二つの設定だけで全てが物語られておりシンプル極まりない。眼球で銃弾受けても跳ね返すなんて、どうしろというのか。
 そんなスーパーマンを一時的にとはいえ追いつめるレックス・ルーサーさんは実はすごいやつなのかもしれん。犯罪者としての実力も超一流、持っているヅラの数も超一流。ヅラが非常に印象的だった。
 小ネタギャグも色々織り込まれていて非常に楽しめた。これも見て損無しだと思う。

 結論として、二本とも非常に面白かった。満足。
[PR]
by crax_alexey | 2006-09-01 20:28 | 日常